観光庁 | 歴史的資源を活用した観光まちづくり

観光庁「歴史的資源を活用した観光まちづくり」推進チームです! お気軽に【歴まち】と呼んでください。 「城泊」「寺泊」「古民家」等の歴史的資源活用や観光まちづくりの最新情報を発信していきます!

観光庁 | 歴史的資源を活用した観光まちづくり

観光庁「歴史的資源を活用した観光まちづくり」推進チームです! お気軽に【歴まち】と呼んでください。 「城泊」「寺泊」「古民家」等の歴史的資源活用や観光まちづくりの最新情報を発信していきます!

    マガジン

    城泊

    お城で泊まることができます。お城の価値を保全するために活用する手段としての城泊。その魅力や想いを読んで頂けたらと思います。

    すべて見る

    【7/29城泊による歴史的資源の活用セミナー】お城のある地域の皆様へ~お城の持続性を高める取組“城泊”~

    みなさんこんにちは。城泊専門家派遣事業事務局です。 この度、観光庁は「城泊による歴史的資源の活用セミナー」を7月29日(金)に開催いたします。 この記事は、少し先出しして、セミナーの見所や先に見ておいていただけるときっと良い情報などご紹介していきます!  当日のセミナーでは、セミナー参加者限定で、城泊に取り組む際の「課題とその解決策」「官民連携の役割・在り方」や「地域への波及効果」など実践地域だからこそ見えてきたポイントをご紹介していきます。 この記事は、次の方向けです!

    スキ
    4

    【観光庁】城等歴史的資源の活かし方。~城泊専門家派遣のすゝめ~

    みなさんこんにちは。観光庁では歴史的資源を活用した観光まちづくり(歴まち)の取組を推進し、本記事は城泊専門家派遣事業についてです。 ※「歴史的資源を活用した観光まちづくり」を以下、歴まちと称します。 いきなりですが、 みなさんの地域ではまちの宝、文化財等が眠ったままになっていませんか。 地域の城等歴史的資源の活用が進めたいが、うまく魅力を引き出せていないと感じている方々にぜひ読んでいただきたい記事内容となっています。 本記事では、歴史的資源の保存・活用と城泊の取組につ

    スキ
    7

    仏教にとらわれ過ぎない寺泊の挑戦~京都府綾部市 正暦寺

    こんにちは。城泊寺泊専門家派遣事業事務局です。 今回は寺泊に取り組むお寺として、京都府綾部市の正暦寺を紹介いたします。正暦寺は2016年ごろから寺泊に取り組んでおり、昨年度の専門家派遣事業にエントリー。専門家からのアドバイスを受け、新たな取り組みを始めています。そして今年度の観光庁の補助金の支援も受け、日々進化を遂げています。今回はそんな正暦寺の取り組みを紹介し、寺泊の“いま”をお伝えします。 きっかけは「襖の修理」京都府綾部市にある、那智山正暦寺では、築約100年の純和室

    スキ
    5

    天守がなくても開拓できる「城泊」と体験型観光コンテンツ〜「平戸城 CASTLE STAY懐柔櫓」取材後記〜

    今回が長崎県平戸市における城泊の取り組み紹介記事の最終回です。 第1回はこちら。 第2回はこちら。 取材・文/萩原さちこ 「天守のない城」の価値をどう見出すか 「平戸城 CASTLE STAY懐柔櫓」は、象徴的な天守や重要文化財がない城でも城を活用した観光プロジェクトを実現できる事例となりました。ホテル化を前提に櫓を改修できるケースは異例ですが、活用のヒントは多くあるのではないでしょうか。 重要なのは「建物が残っているかどうか」ではなく、城や地域の文化的な価値をど

    スキ
    7